男性の生え際の薄毛の原因はDHTです

男性だけが薄毛を気にしていると言うことはありません。男女共に薄毛を気にしている人は多くいるものですが、どちらかと言えば男性の方に悩んでいる人が多いのは事実です。

 

 

また、薄毛には色々なタイプがあります。見た目にも気になる生え際からの薄毛は、その原因の一つが、ジヒドロテストステロンと言う男性ホルモンの一種なのです。略して、DHTが分泌されてしまうと、必要以上に皮脂の分泌を多くしてしまいます。頭皮はただでさえ、他の個所に比べると皮脂の分泌が多いものなのです。

 

 

多すぎる皮脂は毛が育ちにくくさせてしまい、結果として育ちきる前に抜け毛となり落ちてしまうのです。抜け毛が増えてきた。頭皮や額があぶらっぽく感じるようになってきた。と言う人は、DHTの分泌が多くなってきているの可能性が高いでしょう。

 

 

髪が薄くなってくると、とりあえず育毛剤を試してみる人もいるかもしれません。しかし、その抜け毛の原因となるものをなくしてからでなければ、効果はあまり感じられないでしょう。すでに分泌されてしまった皮脂はシャンプーなどで適切にキレイにする必要はあります。

 

 

そして、あとは育毛剤を適切に使用して、DHTの分泌を抑えるようにしたら良いのです。具体的な成分名を挙げると、『ヒオウギエキス』のような成分は、男性ホルモン『ジヒドロテストステロン』の発生を抑制するために、配合されます※。

 

 

※ ヒオウギエキスはチャップアップやブブカに含まれている成分です(下記画像の育毛剤)。

 

チャップアップとブブカ

 

 

育毛剤には色々な種類があります。効果を感じることができ、また人の体に優しいものであれば医薬部外品を選ぶと良いでしょう。男性の多くの人が抜け毛を気にする生え際にもしっかりと作用するでしょう。

 

 

なお、生え際の薄毛に使える育毛剤を選ぶ時のポイントとしては、当サイトのトップページでも解説していますので、そちらをご覧になってください。

 

⇒ 生え際に使える育毛剤ランキング【M字ハゲ改善に大切なこと】

 

ただ、髪を育てるではなく、それに含まれている成分がどのように作用するのか、そして、それが自分の抜け毛の症状にあっているのか、などさまざまな面で調べてみてから使用した方が、より良い効果を期待することができるのです。