育毛のツボの話

髪の毛は、頭皮を守る目的の他に、外見を若々しく見せる働きがあり、見た目において欠かせない存在だと感じている人も少なくありません。

 

 

しかし、若い学生時代であれば、考えてもいなかった薄毛や脱毛の悩みも、年を重ねていくうちに、現実的に悩ませてくるものとなってしまうために、困っている人もいることでしょう。

 

薄毛を気にする男性

 

 

ですが、これらの、薄毛の悩みや脱毛の問題も、医薬部外品の育毛剤を使うことによって、適切に対処することが可能となっています。とくに、これらの薄毛などの問題は、早め早めの対処がものを言いますので、気になり始めましたら、年齢を気にせず、ケアを始めることが大事です。

 

 

また、初期のころの脱毛や薄毛でありましたら。適切なマッサージをすることによって、脱毛などの症状を抑えることも可能です。髪の毛の頭頂部が徐々に薄くなっているのでありましたら、ホルモンの影響というよりも、頭皮の血流不足が原因となっていることが多いために、手を使ってマッサージをすることによって、ツボを刺激することが大事です。

 

 

頭皮の血流低下は、頭頂部(つむじ付近)にある、百会(ひゃくえ)というツボを刺激することによって、解消するとされています。

 

 

この百会というツボは、さまざまな症状に効果があるツボであるために、あまり強く刺激するより、ゆっくりと押しこむようにマッサージすると良いでしょう。

 

 

また、手の小指のあたりにある腎穴(じんけつ)というツボも、血流改善には効果のあるツボです。こちらは、体全体の血流を向上させるこを期待できますので、薄毛の症状を表面的に解決するだけでなく、体の内部から根本的に解決にすることにつながっていくと言われています。

 

 

多くの人が実践していることですので、興味のある人であれば、ぜひとも試してくださいね。

 

トップページへ戻る